使用許諾契約約款(End User License Agreement)

アンラボでは、以下の使用許諾契約約款を提供しています。
製品をご使用になる前に、必ずお読みください。

使用許諾契約約款

重要な内容であるため、詳しくお読みの上、熟知して下さい。
本ソフトウェア使用許諾契約約款(以下「本約款」)は、㈱アンラボのソフトウェア製品(以下「アンラボソフト ウェア」)の使用に関連して、お客様と㈱アンラボとの間に締結される契約です。
お客様は、本約款に同意しない場合、アンラボソフトウェアをインストール、複写又は使用しないで下さい。

1. 定義

  1. 1.1本契約における「AhnLabソフトウェア」とは、(株)アンラボが開発又は生産し、著作権及 び所有権等の権利を保有するソフトウェアを言います。AhnLabソフトウェアは、コンピュータ ーソフトウェア、記録媒体、印刷物、オンライン文書及び電子文書をはじめ、これに随伴する 全ての実行ファイル、追加機能、使用説明書、ヘルプファイル、その他のファイル等を含めま す。
  2. 1.2本契約における「コンピューター」とは、サーバーコンピューター、クライアントコンピ ューター等の通信網に接続され、情報を送受信できる情報処理装置を言います。
  3. 1.3本契約における「アプライアンス」とは、(株)アンラボがハードウェアの設備にAhnLabソ フトウェアを結合して、別の独立した製品の形で顧客に販売する製品を言います。
  4. 1.4本契約における「使用」とは、AhnLabソフトウェアがコンピューターの主記憶装置、補助 記憶装置、CD-ROM、その他保存装置に保存、設置、実行又は画面に表示されるようにする全て の行為を言います。
  5. 1.5本契約における「供給者」とは、(株)アンラボの総販売店若しくは再販売店等AhnLabソフ トウェアの販売に関して(株)アンラボとビジネスパートナー契約を締結しているか、又は、 (株)アンラボから公式に販売権限の付与を受けた者を言います。
  6. 1.6本契約における「貴下」ないし「顧客」とは、(株)アンラボ又は供給者とAhnLabソフトウ ェア使用許諾に関する契約(以下「購入契約」といいます。)を締結した団体又は個人を言い ます。
  7. 1.7本契約における「有償製品」とは、(株)アンラボ又は供給者が有償で販売するAhnLabソフ トウェアを言います。
  8. 1.8本契約における「無償製品」とは、(株)アンラボ又は供給者が無償で提供するAhnLabソフ トウェアを言います。

2. ソフトウェアの使用許諾

  1. 2.1制限的使用権:(株)アンラボは顧客が本契約の条件に同意することを前提に、使用期間 (有償製品の場合は購入契約による契約期間、無償製品の場合はAhnLabソフトウェアを使用す る期間)中、AhnLabソフトウェアに関する非独占的で譲渡不可能な使用権を付与します。
  2. 2.2使用権の範囲:顧客が有償製品の購入者である場合、(株)アンラボ又は供給者と契約した 使用権の数量に限り、AhnLabソフトウェアを顧客が使用するコンピューターにインストールし て使用することができます。顧客が(ⅰ)物理的に又は仮想の環境で、本ソフトウェアの設定若 しくはインストールの手続を実行し、或いは(ⅱ)既存のインスタンスの全部又は一部を複製又 は参照する等により、別途のメモリー上で駆動できるようにすることはインスタンスを生成す ることに該当します。本ソフトウェアが実行する各物理的又は仮想のインスタンスは、各々Ahn Labソフトウェアの一つに該当するものとみなされるため、顧客は各インスタンス当たり一つの 使用権の付与を受けなければならず、契約したソフトウェアの使用権の数量を超過してAhnLab ソフトウェアを使用することはできません。
  3. 2.3使用期間:顧客が有償製品の購入者である場合、購入契約書に基づく契約期間が満了した 場合は、AhnLabソフトウェアを使用することはできません。顧客は使用期間の満了時、直ちに 使用を中止しなければならず、AhnLabソフトウェア及び顧客が作成した一切の複製物を直ちに 破棄しなければなりません。
  4. 2.4使用バージョン:顧客が旧バージョンをアップグレードしてAhnLabソフトウェアを使用す る場合、顧客は旧バージョンを別途譲渡、貸与、又は販売することはできず、アップグレード されたAhnLabソフトウェアに含まれていないプログラム又は付属のファイルが旧バージョンに ある場合には、その除外されたプログラム及び付属ファイルに対して使用権を引き続き保有し ます。旧バージョンを使用していた顧客が新製品を購入しAhnLabソフトウェアを使用する場合 にも、顧客はその旧バージョンを別途譲渡、貸与又は販売することはできず、新製品のAhnLab ソフトウェアに含まれていないプログラム及び付属ファイルが旧バージョンにある場合には、 その除外されたプログラム及び付属ファイルに対して使用権を引き続き保有します。

3. ソフトウェアの使用制限

  1. 3.1使用用途:顧客がAhnLabソフトウェアの企業用/公共機関用のバージョンを購入した場合、 これを家庭などの個人的使用の用途でインストール、複写又は使用することはできず、AhnLab ソフトウェアの個人用バージョンを購入した場合、これを団体で使用する目的でインストール、 複写又は使用することはできません。
  2. 3.2譲渡等の禁止:顧客は、(株)アンラボの事前の同意なく、AhnLabソフトウェアの利用権限 及びAhnLabソフトウェアの使用権の取得に関連した契約上の地位を他人に譲渡又は担保として 提供することはできません。例外的に顧客がAhnLabソフトウェアに関する権利を他人に譲渡又 は担保として提供する場合、顧客はAhnLabソフトウェアに関連する全ての資料を譲受人に交付 しなければならず、譲受人は本契約の全ての条件に同意しなければなりません。顧客はいかな る場合にも本契約の締結により取得した顧客の権利の一部を分離して譲渡することはできませ ん。本譲渡制限の条項に反する一切の責任は顧客にあり、(株)アンラボはこれについていかな る責任も負いません。

4. インターネット基盤サービスの提供

  1. 4.1インターネット接続:AhnLabソフトウェアが正常に作動するためには、安定的にインター ネットに接続されている必要があります。いつでも安定的なインターネットの接続が可能なよ うに維持する責任は、顧客にあります。
  2. 4.2アップデート:AhnLabソフトウェアは、自動アップデートのための正常な作動の一部とし て、インターネットを通じて通信を実行する機能が含まれています。AhnLabソフトウェアが自 動アップデートされる場合、必要に応じて任意のファイルが顧客のコンピューターにインスト ールされ、この場合、インストール前の顧客の同意は別途求めず、本契約に同意することによ り自動アップデートについても同意したものとみなします。顧客のコンピューターに対する緊 急アップデート及びリアルタイムアップデートの強化のために、自動アップデートの方法は、 いつでも変更できるものとします。また、悪性コードの拡散等セキュリティの緊急事態の発生 時には、悪性コードの緊急遮断のため、顧客のアップデート臨時ファイルが、アップデートが 行われていない他のユーザーにリアルタイムで転送され、迅速なアップデートが行われるよう にすることができます。
  3. 4.3アップグレード:(株)アンラボはAhnLabソフトウェアのアップグレードバージョン又は新 製品を発売した場合、その内容を顧客に知らせる義務があり、合理的に必要な特定の期間中に 旧バージョンに対する販売及びパッチファイルの提供等を含む全ての顧客支援サービスを提供 することができます。(株)アンラボの顧客に対する通知は、ホームページにおける公示、顧客 へのメール発送等の方法を通じて行われます。
  4. 4.4情報収集:(株)アンラボはAhnLabソフトウェアの品質及び性能改善のために顧客のAhnLab ソフトウェアの使用過程で発見された次の各号の情報を収集できます。(株)アンラボは、個人 情報保護法等の関連法規を遵守し、収集した情報を外部に公開しません。
    1. a)顧客のコンピューターのハードウェア及びソフトウェアの情報
    2. b)システムファイルの捏造又は重要プロセスにアクセスするような潜在的なセキュリティの 脅威となりかねないプログラムの行為情報及びその行為を遂行したものと判断されるプロセ ス若しくは応用プログラムの情報
    3. c)潜在的なセキュリティ脅威に対する応答として送られたデータサンプルの情報
    4. d)ウェブブラウザ等を通じてダウンロードされた応用プログラムに関する情報
    5. e)悪性コードに関する診断情報
  5. 4.5その他:(株)アンラボはAhnLabソフトウェアに対する支援及び品質改善のために顧客が使 用している製品のバージョン、エラー情報等、個人を特定することのできない非個人情報を収 集することができます。また、AhnLabソフトウェアに含まれるバナーの統計収集のためにバナ ーの露出数とクリック数を収集することができます。バナーに関連して収集したデータは、一 時的に統計資料に活用され、使用後に破棄され保存しません。

5. 知的財産権

  1. 5.1知的財産権者:AhnLabソフトウェアは著作権法、その他知的財産権関連法及び著作権に関 する国際条約により保護されます。顧客にはAhnLabソフトウェアに対する非独占的な使用が許 可されるだけであり、AhnLabソフトウェアに対する特許権、著作権、その他一切の知的財産権 (以下「知的財産権等」)は(株)アンラボにあります。したがって、AhnLabソフトウェアのイ ンストール・使用等によりAhnLabソフトウェアに対する知的財産権等の移転又は販売として解 釈されません。AhnLabソフトウェアに関する全ての権利は(株)アンラボにあります。
  2. 5.2侵害禁止:顧客は原則的にAhnLabソフトウェアに対する(株)アンラボの知的財産権等を侵 害する行為を行うことはできず、AhnLabソフトウェアを使用して二次的著作物を作成すること はできません。顧客はAhnLabソフトウェアの知的財産権の帰属に関する表示、マーク、ラベル 等の権利に関連する情報を除去することはできません。顧客は本契約で明示的に許容された場 合を除いては、AhnLabソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセン ブルすることはできず、(株)アンラボの事前の書面による同意なく、AhnLabソフトウェアの全 部又は一部に対して翻訳、再配布、再送信、出版、販売、貸与、賃貸、売買、転売、質権設定、 担保設定、移転、変更、修正又は拡張等をすることはできません。本契約に違反するAhnLabソ フトウェアの複製又は再配布は、著作権侵害行為に該当することがあり、民事・刑事上の責任 を負うことがあります。

6. オープンソースソフトウェア

  1. 6.1オープンソースソフトウェアの使用:AhnLabソフトウェアにはオープンソースソフトウェ アを利用した特定のソフトウェアないしライブラリーが含まれていることがあります。この場 合、オープンソースソフトウェアに対するライセンスは固有の適用可能なライセンス条件に応 じて顧客に付与されます。
  2. 6.2オープンソースソフトウェアのライセンス条件:オープンソースソフトウェアの個別ライ センスの条件及び関連文書、その他資料、著作権の表示等の詳細事項はAhnLabソフトウェアに おいて提供されるインストールフォルダー内のライセンスファイル又はライセンスファイルに 記録された(株)アンラボのオープンソースサイトで確認することができ、これは当該ライセン スの許可権者により別途公示又は通知なく変更されることがあります。オープンソースソフト ウェアのライセンス条件と本契約の内容が相反する場合、その範囲に限りオープンソースソフ トウェアのライセンス条件が優先されます。顧客は、オープンソースソフトウェアのライセン ス条件に応じてライセンスファイルに記録された(株)アンラボのオープンソースサイトを通じ オープンソースファイルの写しを受領することができます(事情によりウェブサイトに掲示さ れていないオープンソースファイルの写しは、本契約書に記載された連絡先から受領すること ができます)。
  3. 6.3オープンソースソフトウェア関連の保証の排除:オープンソースソフトウェアは有用な使 用のために配布されていますが、特定の目的への適合性の有無又は販売用に使用することがで きるという黙示的保証を含むいかなる形態の保証も提供しません。オープンソースソフトウェ アのライセンス許可権者、(株)アンラボ、供給者等は顧客のオープンソースソフトウェアの使 用により発生する一切の損害について、損害発生の予見可能性の有無に関わらず、関連法規が 許容する範囲内で、いかなる責任も負いません。

7. 制限的保証:免責条項及び責任の排除

  1. 7.1保証の排除:AhnLabソフトウェアの使用及び性能と顧客支援サービスによる全ての危険 (顧客の不誠実なエンジンアップデートによる場合を含む)は顧客が負います。(株)アンラボ 又は供給者は、関連法規が許容する範囲内で、商品性、特定の目的に対する適合性、知的財産 権又は知的財産権の非侵害性に対する黙示の保証等を含む明示又は黙示のいかなる保証も行い ません。(株)アンラボはAhnLabソフトウェアに含まれる機能が顧客の要求事項を充足させ、又 はAhnLabソフトウェアを使用する際にコンピューターの使用に一時的な干渉若しくはエラーが 発生しないことを保証せず、その他関連法規が許容する範囲内でいかなる保証もいたしません。 (株)アンラボはAhnLabソフトウェアの出庫以降に製造されたコンピューターのハードウェア及 びプロファイルの変更によって発生する問題について、責任を負いません。また、AhnLabソフ トウェアが発売開始されてから発見された新種のウイルス又は有害性の予見されるプログラム 等により顧客が被害を受け、又はAhnLabソフトウェアのアップグレードバージョン若しくは新 製品の販売開始により旧バージョンに対する顧客支援サービスが中断されてから発見された新 種のウイルス若しくは有害性の予見されるプログラム等により顧客が被害を受けた場合、(株) アンラボはそれに対する被害の責任を負いません。
  2. 7.2責任及び救済方法: AhnLabソフトウェアに関連して、(株)アンラボが顧客に対して負う 責任及び救済方法は、(株)アンラボの裁量判断により、以下(ⅰ)ないし(ⅲ)に列挙するう ちの一つに限られます。ただし、下記の救済方法は、顧客が保証期間内に購入証書を(株)アン ラボに発送していた場合に限ります。
    1. (ⅰ)欠陥のあるAhnLabソフトウェアの交換
    2. (ⅱ)7.1に規定する(株)アンラボの制限的保証を充足できないAhnLabソフトウェアの修理又は 交換
    3. (ⅲ)本契約の解除及び購入費用の払戻し(顧客が購入費を支払った場合)
  3. 7.3責任制限:本契約に規定された救済措置がその目的を達成したか否かを問わず、(株)アン ラボ又は供給者は、本契約で明示されたものを除き、関連法規が許容する範囲内でAhnLabソフ トウェアの使用、使用不能又は顧客支援サービスの提供若しくはその不履行によりもたらされ た全ての損害(偶発的、間接的、特別、懲罰的、その他これに類似する全ての損害又は事業上 の利益の損失、営業権の損失、事業に対する干渉、コンピューターの機能麻痺若しくは誤作動、 事業情報の損失、その他諸般の事業上又は金銭的損害若しくは損失等を含む)に対して責任を 負いません。

8. 契約の終了

  1. 8.1解除:顧客はAhnLabソフトウェアを永久に破棄することにより、いつでも本契約を将来に 向かって解除することができます。AhnLabソフトウェアを無断で複写又は複製した場合、本契 約は自動的に解除されます。本契約が解除された場合、顧客はAhnLabソフトウェア及び顧客が 作成した全ての複製物を永久に破棄しなければなりません。顧客の帰責事由により本契約が解 除される場合、顧客はAhnLabソフトウェアに対する使用権を取得するために支払った使用料等 は返還されません。

9. 一般事項

  1. 9.1完全合意:本契約は、本契約の対象事項に関する当事者間の完全な合意を示すものであり、 本契約締結までに当事者間でなされた書面、口頭又は黙示的になされたあらゆる合意はその効 力を失います。
  2. 9.2契約内容の変更:(株)アンラボは関連法規の改正又はソフトウェアの変更等により、必要 な場合は、いつでも本契約の内容を修正することができます。この場合、ウェブサイトに掲示 された(株)アンラボのソフトウェア使用権の契約をアップデートすると同時に、顧客から提供 された連絡先情報等を通じてアップデートされた契約を顧客に通知し、顧客は下記に記載され た期間内にアップデートされた契約を検討した上で、受諾又は拒否する機会が提供されます。
    • • 顧客が有償製品の購入者の場合、既存の購入契約を延長又は更新した場合に本契約の変更事 項が受諾され、アップデートされた契約が更新時点から適用されます。改正された契約に同意 しない場合、契約期間終了時に更新を解除し、AhnLabソフトウェアをアンインストールし、全 てのサービスの使用を中止することにより変更事項を拒否しなければなりません。
    • • 顧客が無償製品の購入者の場合、本項において明示された通知以降にAhnLabソフトウェアを 引き続き使用する場合は、契約の変更事項を受諾したものとみなされます。アップデートされ た契約に同意しない場合はAhnLabソフトウェアに対する全てのアクセス及び使用を中断し、こ れをアンインストールしなければなりません。
  3. 9.3一部無効:本契約の条項の一部が、管轄権を有する裁判所によって違法又は無効と判断さ れたとしても、残部の条項はその後も有効に存続します。
  4. 9.4言語:本契約は、日本語で作成されています。(株)アンラボは顧客の便宜のために本契約 に対して1つ以上の訳文を提供できますが、内容の齟齬又は不一致がある場合には日本語が優 先します。
  5. 9.5準拠法及び管轄:(株)アンラボと顧客の間に発生したAhnLabソフトウェアの利用に関する 紛争については日本法が適用され、紛争が(株)アンラボと顧客の協議により円満に解決されな い場合は東京地方(簡易)裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  6. 9.6連絡先:本契約に関連して疑問事項がある場合や要請が必要な場合は、顧客が購入した地 域に該当する連絡先にご連絡下さい。
    • • 大韓民国:ファックス(031-722-8901)、電子メール(customer@ahnlab.com)、住所(京畿道城 南市盆唐区板橋駅路220(三坪洞)、郵便番号13493)・日本:電話(03-6453-8315)、ホームペ ージ(https://jp.ahnlab.com/site/support/qna/qnaAddForm2.do)、住所(東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル3F、郵便番号108-0014)・中国:電話(+86-10-8260-0935)、ファックス(+86- 10-8260-0931)、ホームページ(www.ahnlab.com)、住所(北京市朝阳区望京SOHOビル220502号、 郵便番号100102)

10. 特特別条件(アプライアンス製品に含まれるAhnLabソフトウェア製品関連)

  1. 10.1AhnLabソフトウェア製品の種類、機能ないし類型によって次の特別条件が適用されます。 本特別条件と本契約の残りの条項の間に、不一致がある場合は本特別条件が優先して適用され ます。
  2. 10.2アプライアンスを購入した顧客はアプライアンスに含まれるAhnLabソフトウェアに対し て、永久・無償の使用権を取得します。ただし、これは購入時点のAhnLabソフトウェアのバー ジョンを対象とし、購入時点以降のアップグレードバージョンの使用権は別途メンテナンスサ ービスを購入した場合に限り認められます。
  3. 10.3アプライアンスに含まれるAhnLabソフトウェアは顧客の同意の下、自動又は手動アップ デートを提供します。
  4. 10.4(株)アンラボはAhnLabソフトウェアの品質及び性能の改善のために顧客のAhnLabソフト ウェアの使用過程において発見された次の各号の情報を収集することができ、これを製品機能 の具現化の過程で顧客に提供することができます。(株)アンラボは個人情報保護法等の関連法 規を遵守します。
    1. a)顧客のコンピューターのハードウェア及びソフトウェアの情報
    2. b)システムファイルの捏造又は重要プロセスにアクセスするような潜在的なセキュリティの 脅威となりかねないプログラムの行為情報及びその行為を遂行したものと判断されるプロセ ス若しくは応用プログラムの情報
    3. c)潜在的なセキュリティの脅威に対する応答として送られたデータサンプルの情報
    4. d)ウェブブラウザ等を通じてダウンロードされた応用プログラムに関する情報
    5. e)悪性コードに関する診断情報
    6. f)顧客が使用するアプライアンス製品のハードウェア及び一部の設定の統計情報
    7. g)ネットワークを通じて流入する潜在的なセキュリティの脅威に関連する各種の検知情報

AhnLab SW EULA 1.2.1